• Home 後遺症の障害認定

後遺症の障害認定

交通事故での後遺症には、障害認定というものがあります。これは、軽度から重度まで等級が設定されていて、とても噛み砕いて説明すると、重ければ重いほど重度の障害、軽ければ軽いほど軽度の障害というように分けられています。当然ですが障害が残っているという時点でとても重要な問題となるのですが、軽度から重度まで等級というのが設定されているのです。それらを参考に障害認定というのを受けることが必要となります。例えば、交通事故で脊髄損傷などになり、半身不随や歩行不可など色々な障害が出ると、かなり重度な障害と認められます。

障害認定そこまで行かずとも体調不良が慢性的に発生することなどがあれば、それも障害認定を受けることが可能です。このように、後遺症に関してはそれぞれ障害認定というのが定められているのです。ただ、交通事故に遭った本人がそれらの手続きをするのは難しく、専門的な知識が必要となることもあります。また、相手に過失がある場合は、その加害者とも示談交渉などを進めていくことが必要となります。

場合によっては慰謝料や損害賠償の請求をすることもあるでしょう。それを自分で抱え込むのは難しいので、そこはしっかりと弁護士などを通して解決できるようにしてみてください。そうすることによって、安心した生活を少しでも取り戻すことができるようになります。